海外輸入は信頼できる業者選びから

インターネットの時代になり、世界中の製品が簡単に、クリック操作で購入できるようになりました。
手軽に欲しい物が手に入れられる便利な世の中になった反面、クレジットカード情報を盗まれて、金銭被害にあってしまったり、注文した商品が届かないなどトラブルが後を絶たないのも事実です。
他国では購入できるのに、日本ではまだ認可が成されていない為、個人輸入に頼らざるを得ない商品も多く存在します。
その代表的なものの一つに医薬品があります。

日本における医薬品認可のプロセスは、認可までに長い期間を要することで知られています。
認可は厚生労働省の権限に於いて行われるのですが、国民生活を守る為に、新薬の安全性と有効性が徹底的に追求されるためであり、ある意味仕方のない事かもしれません。
製薬会社が新薬の認可を申請すると、医薬品機構が申請資料の内容の信頼性に関する調査を行い、次に医薬品医療機器審査センターにて再度審査を行います。
これらの厳しい審査をパスすると、中央薬事審議会の調査会で念入りな審査の後、学識者間で諮問され、ここでようやく厚生労働省への最終判断を委ねる答申が行われるのです。
このプロセスを通過するのに、最低でも2.3年を要するといいますから、非常に慎重かつ、厳しいプロセスであるといえるでしょう。
現在は審査業務のスピードを上げ、短縮することがすすめられていますが、短縮作業の激化は、安全性に対する信頼を損なうというデメリットもあり、極端に短くなることは今後もないでしょう。

ED治療薬や美容系の薬品は、日本でも多くの需要があります。

個人輸入をしたり、業者を通じて購入する人も多く存在します。
残念なことに、送られてきた商品が偽者で全く効果がなかったり、恐ろしいことには、逆にシミやアザといった症状を引き起こしたりしている事実も、非常に多いのが残念です。
冒頭で記したように、商品が届かなかったり、高額な請求を受けたりと、枚挙にいとまがありません。
日本では販売されて無い製品を、安全に購入するには一体どうすればよいのでしょうか?
まず後にも先にも、信頼できる業者を選択することに尽きます。

医薬品の購入であれば、海外医薬品代行サイトのベストケンコーなど、口コミで評判の良い、信頼できる業者のサイトで購入するのが得策です。
例えばベストケンコーは、全て製薬会社の純正品の医薬品のみ扱っており、偽物を掴まされることがありません。
嬉しいことに、日本全国送料無料サービスも行っています。
独自のポイントプログラムも提供しています。

あなたが購入した商品が満足のいくものであり、友人も購入したいと思ったとき、お友達紹介サービスという高額ポイント付与サービスもあります。
こうした質のよい業者を通じて、賢く安価に購入することが、危険を避け安全な商品を手に入れて、あなたの生活を大きくプラス方向へ改善させる早道になります。
くれぐれも、詐欺にひっかかったり偽者を掴んだりしないよう、スマートな消費者になりましょう。

Comments are closed.