価格を抑えてベストケンコーを賢く使おう

世界の先進国という国々の中にあって、日本は科学技術力はもとより医薬品を開発する事に対しても、高い評価を得ています。
新薬を開発をする為には長いスパンで考える事が一般的で、まずは医薬品メーカーの研究者等が、数ある加工物の中から、当該の病に適切に働くであろうという推論を立て、2年から3年程度の時間を基礎研究を行います。
そして、今度はラット等の動物に作り出した薬を投与して、投与する量やタイミング等様々な観点から、効果、あるいは副作用を試験を行います。
これを行うことで、多くの患者に投与しても問題無いか、安定して効果をはっきりと出るのか等の調査を3年から5年程度で実施します。
一般的にはこの過程を、非臨床試験と呼びます。

次いよいよ、治験という臨床試験を3年から7年間かけて、三段階に分けて実施するのです。
まず第一段階では、少数の健康な成人に対して、どの程度の量が適切であるのかを推定しながら、薬剤の安定性や身体に起こる反応や代謝状況、あるいは排泄等まで調査を行います。

第二段階では、第一段階と同様に治験の対象人数は絞り気味で、病気を治療する効果が、どの程度与えれば効果があるのか、あるいはいけないのか、あるいは安全性の高い薬であるのかどうかを調査します。
第三段階では、一般に治験である病気を患っている人びとを集めて、薬の安全性・有効性・投与方法の最終確認を行い、治験というカテゴリーは終了です。
しかし、これで直ぐに病院や医院等の薬局に販売許可が下りる訳ではありません。
今度は当該の薬を開発した製薬会社が、開発している薬に関するデーターを全て纏めて、厚生労働省に申請をし、厳しい審査を1年から3年程度かけて行います。
そして、この過程が終わればやっと承認審査が終わり、開発した薬を販売出来る事になるのですが、市販後調査という制度があり、製薬会社は発売された後も、薬の安全性などを定期的にチェックする事が義務ずけられているのです。
すなわち、日本では新薬を一から開発して売出せるまでに、10年から15年程度の時間が、かかります。
以上の様に、日本では世界中でも薬剤に関しての規制は特に厳しいもので、時に他国や国内からも、この余りにも厳しい規制に対して意見する学者もおります。
ですから、日本以外では当たり前すぎる程に普及している薬でも、日本では認可が下りていない為に、医師や薬局から入手出来ないという事は珍しくないのです。
その様な中で薬の個人輸入代行の専門業者である、ベストケンコーを利用すれば、日本では発売されていない薬を、業者を経由してインターネットを使用して購入する事が出来ます。

それでは、ベストケンコーで発売されている目玉商品を中心に解説致しましょう。

男性型脱毛症の治療薬として有効なフィナステリドが含有される薬は、日本で承認されている薬は1錠250円ですから、1年間毎日服薬する事を考えると、91250円と9万円を超えます。
ところが当該の薬のジェネリック医薬品があり、ベストケンコーで薬を購入すれば1年間で1錠26円ですから、9490円と一万円でお釣りが出てしますので、8万円以上の節約が可能となるのです。

次は勃起不全治療薬を紹介します。
年齢や仕事などのストレスでパートナーとのセックスが堪能出来ずにいるので、若かった頃の様にセックスを楽しみたいとか、勃起はするけども固くならずにパートナーとの仲が最近良くないので何とかしたいという人は、多いのではないでしょうか。
確かに勃起不全治療薬として名高い薬の存在を知ってはいるけれども何せ、値段が高すぎるので、ジェネリック医薬品である薬であれば今ならベストケンコーで19800円で購入することが出来ます。
以上の様に、ベストケンコーを賢く利用しましょう。

Comments are closed.